HPL脱毛のメリットとデメリット

HPL脱毛のメリットとデメリット

家庭用脱毛器に採用されているHPL脱毛は、イスラエルで開発された脱毛方法です。
イスラエルは、美容大国としても世界に名を轟かせています。
そんなイスラエルで開発されたHPL脱毛には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

HPL脱毛とは、ホーム・パルス・ライト脱毛の略称であり、最新の光技術を使った脱毛方法です。
家庭用脱毛器に多く採用されているフラッシュ脱毛よりも、安全性と効果が高いのがメリットです。

 

一般的にフラッシュ脱毛では、毛根のメラニン色素に反応する光を使ってムダ毛の処理を行っていました。
しかし、照射する光が強すぎると、毛根だけでなく皮膚のメラニン色素にも反応してしまうというデメリットがありました。
これは、デリケートな皮膚にダメージを与えてしまうという大きなデメリットです。

 

逆に、ダメージを与えまいと照射する光を弱くしすぎると、今度は全くメラニン色素に反応しなくなってしまいます。

そうすると、一向にムダ毛の処理を行う事は出来なくなってしまいます。
このように、フラッシュ脱毛で照射する光の調整は、とても難しいのです。

 

その点、HPL脱毛では音波のエネルギーも使用します。

光を照射する際に、音波のエネルギーで効率的に光の持つ熱エネルギーをムダ毛に伝えます。
それにより、照射する光を強くしなくとも、毛根のメラニン色素にだけダメージを与えられるというわけです。
その為、フラッシュ脱毛よりも安全性と効果が高いというメリットを実現したのです。

 

また、肌色センサーが付いているので、肌色に応じて照射する光の調整が自動的に行われるのもメリットです。

センサーが危険と判断した場合には、脱毛が行われない仕組みにもなっているので、安心です。
さらに、紫外線をシャットアウトする機能も搭載されており、肌への負担を最小限に抑えられます。

 

しかし、ムダ毛が長すぎると高い効果を得られないというデメリットがあります。
長いムダ毛を処理したい場合は、事前にカットしたり、シェービングを行う必要があります。
これが面倒臭いと感じる女性は、少なくないようです。

 

この他にも、カートリッジの交換が面倒という声もあります。
カートリッジの交換には当然コストもかかるので、広範囲の脱毛を行うとなると、かなりの出費になるので大きなデメリットとなります。
その為、狭い範囲で、出来るだけ肌への負担の少ない家庭用脱毛器を探しているのであれば、HPL脱毛を採用したものが良いでしょう。

関連ページ

主婦は辛いよ!脱毛したい!!
私は、昔から毛が濃く剛毛なことをコンプレックスに感じていました。
行ってみたいけど、まだ踏ん切りがつきません
私は昔から毛深いことで悩んでいました。なので今でも毛がない白くて綺麗な体に憧れています。
冬のうちに脇脱毛したいのだけれど
本当は夏の間ずっときになっていた脇の脱毛。 やりたいな、でも通う時間も無いななどと思いながら過ごしているうちに 冬が近づいてきてしまいました。
サーミコン脱毛のメリットとデメリット
サーミコン脱毛は、家庭用脱毛器にも採用されている脱毛方法です。 しかし、一体どんな脱毛方法かよくわからないという方も多いようです。 サーミコン脱毛は、ホットブレイドと呼ばれる熱線を使った脱毛方法です。 ホットブレイドでムダ毛を焼き切ると同時に、毛根にもダメージを与えて抑毛を行います。
目的別に選ぶと失敗しない家庭用脱毛器
家庭用脱毛器に採用されている脱毛方法には、それぞれメリットとデメリットがあります。 その為、目的に最も適した脱毛方法を持つ家庭用脱毛器を購入する事をオススメします。
自己処理ではなく、脱毛サロンで施術を受けるようになった
ムダ毛の処理方法として、最も簡単なのは自己処理でしょう。 しかし最近では、自己処理が肌トラブルを引き起こす事が広く知られるようになりました。 その為、自己処理ではなく、脱毛サロンで施術を受けるようになったという女性も多いようです。
脱毛サロンは融通が利くところを選ぼう
脱毛サロンの選び方として、押さえておきたいのが融通が利くかどうかというポイントです。 一般的に、自己処理が不要なつるつるの肌を手に入れる為には、一年はかかると言われています。
勧誘を行わない脱毛サロンと注意したい紹介
脱毛サロンの選び方として、勧誘が無いという条件を挙げる女性は多いでしょう。 実際に、脱毛サロンに対して勧誘がしつこそうといったマイナスイメージを抱く女性は少なくありません。